ベンチャーアジアコンサルティング(株)のブログ

2019年10月 地域別最低賃金の改定

2019年10月1日から10月6日までに、全国の地域別最低賃金が改定されます。
半数以上の都道府県で、10月1日に改定となります。

最低賃金が最も高い東京は1,013円、第2位は神奈川県で1,011円、最も低い九州地方(福岡を除く)、
東北地方(福島、宮城を除く)、鳥取、島根、愛媛、高知は790円になります。
最高額と最低額との間には、223円の差があります。

地域別最低賃金の改定は、毎年8月下旬以後に官報に掲載されることにより公示され、
その官報に附則(この決定は、〇年〇月〇日から効力を生ずる。)が付いていない場合、
その公示の日から30日後に改定されることとなります。
毎年8月下旬~9月初旬ごろに官報や各労働局のホームページを確認し、
もし最低賃金を下回ることになりそうな労働者がいる場合は、早めに準備に取り掛かることをお勧めします。
国立印刷局 官報
官報は直近30日間分は無料で閲覧できます。

以下のリンク先より、全国の地域別最低賃金が確認できます。
厚労省 地域別最低賃金 全国一覧

 

以下は「ジョブメドレー」という他社サイトですが、興味深いのでリンク先を掲載させていただきました。
ジョブメドレー 2019年 全国最低賃金一覧 & 全国ランキング

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP